読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作設定まとめ

自創作の設定まとめサイトです。

Minstrel Syndrome【キャラクター】※随時更新

セレンフランチェスカ(♂)(?)
種族:人間(裏世界の住人) 吟遊詩人
物腰が柔らかで、言いくるめが上手い。愛用のリュートで奏でる音楽は人々を虜にする。高身長で顔立ちも整っているので女ウケもいい。物静かで多くを語らず、ミステリアスで感情を表に出さない男。実は裏世界の住人。奇跡的に慈悲の心を授かった。なぜ裏世界の住人だというのにもかかわらず、慈悲の心を持つことが出来たのかは本人にも分かってない。
リュートを奏でて魔法を発動する。20人程の兵相手でもその体に傷ひとつ付けずに涼しい顔でなぎ倒す。
ナターシャと旅をしている。

もともとナターシャちゃん達が住んでる表世界を支配するために生み出された裏世界の住人は、慈愛の心など持っておらず、支配するためだけにしか動かない。

だが、表世界を造った神のひとり、アンの『この世界が悪の手によって崩壊されませんように』という祈りが世界を越えて裏世界の住人の心に届き、慈悲の心を授かった者が1人いた。
それがセレン。神の祈りを受けて慈悲の心を持ったセレンは、表世界と裏世界が二つに分かれる前の元の姿に戻すことができる術を表世界で探し求めていた。
表世界を放浪するうち、セレンは表世界を愛するようになった。表世界を支配するためだけに生み出された裏世界の住人は自由など与えられていない。そのためセレンは自由に憧れた。慈悲の心を授かったといえど、自分が裏世界の住人だと言うことには変わりはない。なので自由な吟遊詩人として生き、人間の真似事をすることで彼の心は緩和された。そして自らの手でこの世界を救い、世界を元通りにすることで本当の自由を手にすることができる、と根拠はないが世界を救うことを決意した。
しかし、世界が一つになれば裏世界の存在は消える、つまり、裏世界の住人であるセレンの存在も消えてしまうことを、彼は薄々気づいてはいるはず。

そして、ある国に辿り着き、街中でリュートを奏でていると、今宵開かれるパーティーでその美しいリュートを演奏して欲しいと誘われ、裏世界の住人のことで何か情報を得られるかもしれないと、その誘いを受けパーティーに参加することに。そこで国王に乗り移っている裏世界の住人と接触。セレンと国王は互いのオーラを感じ取り、互いに裏世界の住人だということを知る。だが、慈悲の心を持ち、世界を救おうとしているセレンは他の裏世界の住人にとっては敵。偽の国王は自分が国王なのをいいことに、セレンに「国家転覆を図るテロリストだ」と濡れ衣を着せて自分の計画を阻止されるのを防いだ。部が悪いと思ったセレンは城を抜け出し出直すことにした。その後ナターシャちゃんと出会い、共に世界わ救う旅に出るのであった。

 

 

その後、セレンは最終的に世界を救って存在が消えてしまうが、

『この世界を救ってくれた裏世界の住人、セレンに本当の「自由」を。そして与えられることのなかった「愛」を。この世界で、彼女とともに…』

と、神、アンの慈悲により、元通りとなった世界で生まれ変わることが出来、また、初めて彼女、ナターシャと出会ったあの丘で再会を果たす。神様は記憶もそのまま、つまり存在が消される直前のセレンで生まれ変わらせてくれた。

ずっと世界を元通りにすることが神、アンの願いだったので、アンなりの恩返しなのだろう。

 

補足→旅をしている時、旅を続けるうちに、ナターシャはセレンに想いを寄せて何度か気持ちを伝えたけど、自由も愛も与えられなかったセレンはその想いに答えられなかった。ナターシャは仲間。大事。だけどそれ以上は無くって。だから生まれ変わって本当の愛を知って、漸くナターシャと結ばれることになる。
セレンの『世界を救う旅』は『自由を手にする旅』でもある。旅の仲間には自分が裏世界の住人だってことを伝えてない。おとぎ話の中でしか存在しない裏世界が本当にあって、しかもそのイレギュラーの裏世界の住人と旅をしているなんて伝えてしまうと、波乱を招きかねない。それに、忌まわしき裏世界の住人が善者となって世界を救えるはずがないと思われる。別に他人からの軽蔑には何とも思わないが、表世界の住人から否定されると到底世界なんて救えないと思ってるのでは。
今の自分はあくまで『吟遊詩人』。自由を求めて人間の真似事をした哀れな裏世界の住人ではない。そう自分に言い聞かせて、仲間には黙って旅をしていた。そんなセレンにナターシャちゃんが何気なく「セレンは自由でいいね」なんて言っちゃって彼を傷つけたりしそう。

 

「国を敵に回すとしても、私の旅に同行するんだね?」
「君は勇気のある、自身に満ちた子だ。さぁ、行こうか」

「…すまない。今の私には、君の気持ちに答えることはできない。」

 

 

 

〇ナターシャ・マーガレット(♀)(12)
種族:人間 町娘
とある国の城下町で暮らす少女。花が好きでいつもお気に入りの丘で花を摘んだりお昼寝をしたりして日々を過ごしている。その丘には大きな木が1本そびえたっており、あたり一面に花畑が広がっている。
故郷の国を守るため、セレンの旅に同行している。
健気で純粋。セレンに憧れている。三幻神の1人の加護を受け、少しの防御魔法(バリアなど)が使える。

幼い頃、おとぎ話の絵本を母親に読んでもらうのが好きだった。周りの人々にそのおとぎ話を信じている人はいないけれど、本人は信じている。

 

「お願い。私も貴方の旅に連れて行って。この世界の危機を知ってしまったなら、私もなにかすべきだと思うし、黙って見てるだけなんて嫌。絶対後悔するもの。」
「魔法って偉大だけど、いざつかうとなると大変ね。私なんかじゃすぐ疲れてしまう。」
「私……セレンにひどいこと言ったっ……セレンは裏世界の住人で、エンリルに支配されてるっていうのに……自由でいいねって…!セレンのこと!何も知らないのに…!!」

 

 

 

〇ピース(♂)(17)
種族:人間 戦士
好きな言葉は愛と平和。嫌いなものは差別。悪には真正面から立ち向かう、希望と勇気に満ち溢れた戦士。使用武器は斧。裏世界の悪しき国王に故郷の村を焼かれ、無残にも死んでいった村の仲間のためにも、世界の平和のためにも悪をこの手で消し去ってやると旅に出た。その旅の道中セレンたちと出会い、旅の目的が一緒なら俺も一緒に連れていってくれないかと仲間に加わった。何かとツッコミ役。時々セレンに手合わせしてもらうが指1本触れさせてはくれないので悔しがっいるが、それが逆に彼の闘争心に火をつける。「向上心向上心!」

 

「力仕事なら任せろ!体力、筋力には自信があるんだ」
「意思は曲げんな。まっすぐ進め。な?」

 

 


〇ノア(♂)(13)
種族:妖精
双子妖精兄。天然でお人好し。人懐っこい。警戒心が無く、知らない人にもすぐ付いていく。その度に双子の妹に注意される。一応兄だが妹の方がしっかりしてるし、まぁ双子だしお兄ちゃんらしい所を見せようとも思ってないし自分は自由に生きる。ひょんなことからセレンたちの旅に同行することに。

 

「見て見てミア!海だよ!おっきいねぇ!」
「知らない人にはついて行かないって言われたん…えっ!お菓子くれるの?わぁーいやったー!」

 

 


〇ミア(♀)(13)
種族:妖精
双子妖精妹。双子の兄、ノアといつも一緒に行動している。しっかりしてていつもノアを引っ張っている。目上の人にもハッキリとものが言える。しっかり者だということは自覚済みで、褒められたら自慢げにする。美意識が高く、常に清潔を保ちたい。お嬢様口調。ひょんなことからセレンたちの旅に同行することに。

 

「失礼ね。小さいけれど私は女性よ。レディーファーストという言葉をご存知かしら?」
「ノア!何度注意したらわかりますの?!わたくしがいないと何もできないのね!」

 

 


〇メーシェル(♀)(16)
種族:エルフ
おしとやかで控えめなエルフの少女。身長は低く華奢。薬師。普段はエルフの里で薬草などを売っている。薬草の材料を調達するために月1でいろんな国に遠征に行っている。遠征中にセレンたちと出会い、友達になる。それから、セレンたちに薬草を渡す代わりに材料を取ってきてほしいと約束し、彼女1人の力では調達出来なかった材料も手に入り、より強力な薬も調合できるようになったので、セレンたちには感謝している。

「まぁ…!材料をこんなに沢山…いつもありがとうございます…」


「皆さんの為にいつでも沢山薬草をご用意しておきますので、いつでも里にいらしてくださいね…!……そして…もしよければあの、材料も、よければなので調達して頂けると…そ、その分報酬は良いものにしますので…!」

 


〇アレックス・バラノフ(♂)(20)
種族:人間 兵士
新米兵士さん。国を平和守るため、早朝からのトレーニングは欠かさない。一見スラッとしているが脱いだら凄い。まだ新米のため分からないことも多いし少し洞察力に欠ける。ナターシャに想いを寄せている。ナターシャの前での態度の変わりようがすごく、仲間にはその事は既にバレており、彼女の前では眉尻が下がり、とても幸せそうな顔になるため兵長から「なんださっきの情けない顔は」と呆れられた。
ナターシャとは、アレックスが見回りの仕事の時、街を歩いていて出会った。一目惚れである。
しかし、ナターシャがセレンと一緒に国を離れたという事を聞いて絶望した。セレンは、アレックスの仕える国では国家転覆を図るテロリスト。自分たちにとっては敵。なのでセレンについて行ったナターシャも敵になってしまったということになる。

 

「アレックス・バラノフ、無事、生還致しました!」
「き、今日も美しいねナターシャ、ハハ…」
「ナターシャ…どうして……君はこの国が嫌いだったのか…?僕は君を手にかけたくない…嘘だと言ってくれナターシャ…」
 

 


〇イザベラ(♀)(22)
種族:悪魔 メデューサ

 

 

 

ヴィオ(♂)(23)
種族:悪魔 ドラキュラ

 

 

 

〇ムタイ(♂)(15)
種族:人間 ジャングルの長

 

 

 

〇アズローズ(♀)(25)
種族:人魚

 

 


〇ルドルフ・マーマン(♂)(36)
種族:人間 兵長

 

 


〇シルヴェスター(性別不明)(?)
種族:?